水を飲むメリットについて。

水を飲むメリットについて。

こんにちは、トレーナーの小澤です。

今回は水をのむことで起きるメリットについてご紹介していきます。

「健康や美容のために水を飲むと良い」と、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、普段の生活で「水」を意識して生活している人はあまりいないでしょう。そのため、気づかぬ内に水分不足になっている可能性があります。

是非最後までよんでみてくださいね。

水を飲むメリットについて。

体内での水の役割。

 

まず、体内での水の役割についてご紹介していきます。

 

水はおおまかに

(1)電解質を溶解する

(2)体温の維持・調節

(3)溶媒となる

(4)血液の流れの円滑化

という4つの重要な役割を担っています。

 

水を飲むメリットについて。

水をのむことのメリットについて。

続いて、水を飲むことで起こるメリットについて見ていきましょう。

水を多く飲むことで以下のようなメリットが期待されます。

  • アンチエイジング

→年齢を重ねるごとに細胞内の水分量は低下していきます。そのため、水分量を補い体内から潤すことで「肌荒れ」「小じわ」「くすみ」「クマ」などの防止に繋がります。若々しい身体を保つためには、水分は必要不可欠なのです。

  • 血流改善

→血液の80%は水分で構成されています。水分が不足すると血液がドロドロになり、反対に十分な量の水分があれば、血流が良くなります。

  • 便秘解消

→便秘は、水分不足により便が硬くなっている状態です。
水分を多く含むことで、柔らかくなり排出しやすくなります。

  • 代謝アップ

→水を飲むことで血行改善につながり、細胞の活性化が早くなる=代謝⬆︎

  • リラックス効果

→水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンには、鎮静作用があると言われています。

 

水を飲むメリットについて。

1日でどれくらい飲めばいい?

上記のメリットを見ていただいたら、『水を多く飲もう』と感じてだけると思います。

では、具体的に1日にどれくらい飲めば良いのでしょうか。

    1日2ℓ

を摂取するよう意識していただければ良いです!!

 

一日の中で水を飲むベストタイミングは、寝起き・寝る前・入浴前後・運動時・食事前後です。

水を飲むメリットについて。

最後に。

いかがでしたでしょうか。

水分補給は水だけでなく、お茶やコーヒーなどの飲料水や、

水分を多く含む野菜(きゅうり、トマト、レタス)などを日常生活のなかで取り入れていくと摂取しやすいです。

夏も近づき、脱水や熱中症などもありますので、いつもより多めに水分補給をしてみてください。

最後までよんでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

小澤怜奈のプロフィール写真

小澤 怜奈
(トレーナー)

私自身ダイエットに何回も失敗しており、過度な食事制限とランニング、我慢できずに辞めて大食いするなど中々続かずに挫折を何度も経験しました(笑)身体について学びたくなって国家資格の柔道整復師と、アメリカのトレーナー資格であるNSCA-CSCSを取得しました。一人一人お身体の仕組みが違うので、目標や悩みも異なります。それぞれに合ったトレーニングを提供し、健康を第一に考えて全力でサポートさせていただきます!

コースと料金

コースと料金

トレーナー

トレーナー

スタジオ

スタジオ

プログラム

プログラム

よくある質問

よくある質問

アクセス

アクセス

キックボクシング

キック
ボクシング

お客様の声

お客様の声