元バーテンダーのパーソナルトレーナーが伝えるお酒が及ぼす筋肉へのダメージ!

元バーテンダーのパーソナルトレーナーが伝えるお酒が及ぼす筋肉へのダメージ!

こんにちは!パーソナルトレーナーのルイです!

実は僕、トレーナーになる前は芸能の他にバーテンダーとしても働いていました!

そんなお酒が身近にあった僕が今回はお酒とカラダの関係について書いていこうと思います!

普段からお酒を常飲している方は是非読んでお酒と上手く付き合っていってくださいね!

アルコールが筋肉に与える影響

あなたはテストステロンというホルモンをご存知でしょうか?

このテストステロンは筋肉を作り上げ、脂肪を減らすダイエットにおいて最強ホルモン成分です。

 

さあ、ここからが大事です。

アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が減ってしまいます!!

恐ろしいですね、、、

 

続けて、コルチゾールというホルモンはご存知でしょうか?

抗ストレスホルモンと呼ばれ、人がストレスを抱くと分泌されストレス指数を下げる働きがあります。

コルチゾールはアルコールを摂取することでも分泌されます。

ピンと来ている方もいると思います。そう、このコルチゾールは筋肉(タンパク質)を分解してしまいます!!

 

アルコールを摂取することは筋肉にとってダブルパンチなんです、、、

 

元バーテンダーのパーソナルトレーナーが伝えるお酒が及ぼす筋肉へのダメージ!

それでも飲みたい人、飲まざるをえない人!上手にお酒のカロリーコントロールを!

先述した通りアルコールの成分がそもそも筋肉にとって悪影響を及ぼします。

そしてお酒にはカロリーが含まれています。飲み過ぎればカロリー過多、おつまみも含めればかなりのカロリーを摂取していることになります。

ここまでわかっていても飲みたい人、飲まざるを得ない人もいると思います。

そんな方に糖質を含まないお酒をご紹介していきますので参考にしてください!

蒸留酒と呼ばれるお酒は糖質がゼロです。カロリーは含まれていますが他に比べれば太りにくいと言えるでしょう。

蒸留酒:ウィスキー、ジン、ラム、テキーラ、ブランデー、焼酎、泡盛

が蒸留酒として挙げられますが、割りものをジュースにすればもちろん糖質が含まれますので帳消しになってしまいます。飲むときはストレート、ロック、水割り、ソーダ割りのいずれかにしましょう。

 

お酒を飲むと欲しくなりますよね、、

お酒を飲むと、、おつまみが欲しくなりますよね。なんならシメにラーメンとか。。。

お酒を飲んだ時、実は一番怖いのが「酔った勢いの暴飲暴食」です。

ホルモンが、、カロリーが、、と記述してきましたが何より暴飲暴食が一番危険です。

こうなったらもう体内は大変なことになります。

 

摂取したカロリーを処理する役割の肝臓はアルコールの分解、食べ物からでる毒素の分解などでてんやわんや。

血糖値は跳ね上がり、インスリンという血糖値を下げる成分の分泌を行うがアルコールはインスリンの分泌を邪魔するという研究結果もあり、飲み過ぎは時に普段の食事からは考えられない量の摂取に繋がります。

 

 

僕もお酒は好きなんです。ですが程々にしましょうね。

結局のところボディメイクをする上でお酒は百害あって一利なし!

ここまで読んで、なお「お酒が好きなんだ!」という方は

・お酒のカロリーコントロール

・おつまみや食事をヘルシーに

・適度な運動

・量より質を重視

以上に気をつけることでお酒と上手く付き合っていきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

この記事を書いた人

佐藤 ルイ
(トレーナー)

初めまして!パーソナルトレーナーのルイです。モデル、役者として活動しています。このページを開いているということは何かに悩んでいたり、叶えたい夢や目標があると思います。どんなに小さなことでも、良ければ僕に打ち明けてください。表舞台に立つ人間として培ってきたノウハウで一緒に夢を叶えましょう!

コースと料金

コースと料金

トレーナー

トレーナー

スタジオ

スタジオ

プログラム

プログラム

よくある質問

よくある質問

アクセス

アクセス

キックボクシング

キック
ボクシング

お客様の声

お客様の声