医師監修・プラットジム流ダイエットの第一歩、食べ放題ダイエットで我慢せずにスタイルキープ

食べ放題でダイエット?ダイエットって食事を減らせばいいんじゃないの?

誰しもが思うところです。確かに、ダイエットのためには減らす食事もありますが、逆に増やさないといけない食事もあります。ダイエットにとって必要な食事を選ぶこと、これが本当の食事制限です。

プラットジムではオーナーであり内科医でもある日本ダイエット健康協会の顧問、池井佑丞氏が提唱する食べ放題ダイエットで、あなたの体質にあった食事の選び方を学んでいただきます。

トレーナーに言われるままに食事制限をしても辛いままです。あなた自身で正しい食事を選び、自分の意志でスタイルをキープできたらきっと日常も楽しいと思いませんか?

帯

食事を減らさず痩せられる、食べ放題ダイエットとは?

「食べ放題ダイエット」という言葉だけを聞くと、まるで暴飲暴食をしながらみるみる体重が落ちていくような怪しいダイエット法に聞こえてしまいます。
安心してください(笑)ちゃんと医学的に立証されているダイエット法なんです。

正しくは、1週間のうち6日は食事のコントロールをし、1日食べ放題の日を作るという方法です。

ダイエットと言うと、炭水化物を食べないようにするという一般論がありますが、食べ放題ダイエットではちゃんとコントロールしていれば炭水化物も食べてOKです。
もちろん1日3食しっかり食べてくださいね。

実際に、体には様々な栄養素がまんべんなく必要ですので、○○だけを抜く、○○だけを食べると言ったダイエット法では、体が不健康な痩せ方になってしまいます。

プラットジムではプロアスリートで内科医の池井佑丞氏が、選手時代に体のパフォーマンスを落とさずに減量に成功した「食べ放題ダイエット」を元にトレーニングを行います。

食べ放題ダイエットは1日食べ放題の日がありますので、デートやパーティー、食事会でも「ダイエット中だから…」と周りをしらけさせることもありませんので、ライフスタイルを楽しみたい方にぴったりなダイエット方法なんです。

食事を減らさず痩せられる、食べ放題ダイエットとは?

プラットジムプラットジムのトレーナーから優しく学べる食べ放題ダイエットを成功させるたった3つのステップ

食べ放題ダイエットで食事を我慢せずにダイエットが成功する秘訣は、あなたがあなた自身であなたに合った食事を選べるようになることです。

なぜなら、肥満にも色々なタイプがあり、それぞれのタイプに合った食事と運動をしなければ効果がでないからです。

食べ放題ダイエットをマスターするプロセスは、具体的に
・肥満のタイプを知る
・脂肪が蓄えられる理論を知る
・各肥満タイプに合った食生活を覚える
のたった3ステップです。

これらを実際にプラットジムで筋力トレーニングしながらマスターすることができます。
トレーニング終了後もパーソナルトレーナーからの指示が無くても、あなた自身で食事と体型をコントロールできるようになるのがゴールです。

プラットジムプラットジムのトレーナーから優しく学べる食べ放題ダイエットを成功させるたった3つのステップ

食べ放題ダイエット成功のコツ・その1 自分の肥満体質のパターンを知れば、対策もわかる

食べ放題ダイエットを成功させる3つのステップの1つ目です。まず、「自分の肥満体質のパターンを知る」ことから始めましょう。

原因と対策で例えるとわかりやすいのですが、まず原因を知らなければ対策はできませんよね。

それでは、以下によくある肥満のタイプを6種類あげましたので、自分がどのタイプであるか考えてみてください。

スイーツ中毒(糖質依存型)

スイーツ中毒(糖質依存型)

・仕事中のつまみ食い
・珈琲・紅茶にシロップを入れる
・食事の後に甘味は必須
・常にお菓子を買う
・ストレス発散にバカ食い

炭水化物中毒(糖質依存型)

炭水化物中毒(糖質依存型)

・〆のラーメン、おじやが好き
・食後の眠気が強い
・焼き肉には米が必須
・丼・パスタなどの単品メニューが多い
・芋料理が多い

慢性腹ペコ飢餓状態

慢性腹ペコ飢餓状態

・朝ごはんを食べない
・食事時間がバラバラ
・「ダイエット=食べない」ことだと思っている
・すぐにリバウンドする
・野菜中心の食生活

昼夜逆転型

昼夜逆転型

・早起きが苦手だ
・ストレスが溜まっている
・食べてすぐ寝てしまう
・冷え性である
・眠りが浅い

便秘(デトックス障害)

便秘(デトックス障害)

・3日以上便が出ないことがある
・硬い便が出る
・ポッコリお腹である
・食事の内容が偏っている
・腹筋が苦手だ

むくみ(デトックス障害)

むくみ(デトックス障害)

・夕方足がむくむ
・あまり水分をとらない
・しょっぱい食事が多い
・お酒をよく飲む
・立ち仕事が多い

人によってはいくつが該当することもあると思います。
スーツ中毒・炭水化物中毒・慢性腹ペコ飢餓状態は直接食事に関係があるので、イメージが湧きやすいですよね。
逆に昼夜逆転型・便秘・むくみも肥満の原因になるのはちょっと意外だったと思います。

それでは次の章で、6つの肥満タイプの脂肪が溜まっていくプロセスを解説します。
なるべく難しい言葉は使わずに説明しますので、気軽に読んでくださいね。

食べ放題ダイエットを成功させるコツ・その2 6つの肥満タイプの脂肪が溜まる理由を知る

スイーツ中毒・炭水化物中毒

スイーツ中毒(糖質依存型)
炭水化物中毒(糖質依存型)

食事をすると入ってくる栄養素から体を動かすためのエネルギーを作りだすのですが、エネルギーを蓄えられる倉庫には限りがあります。その倉庫に入りきらない分のエネルギーが脂肪となって蓄えられます。

この栄養素をブドウ糖、倉庫は肝臓や筋肉、エネルギー・脂肪に変換する役割を持つのがインスリンです。

食事をすると血液の中をブドウ糖が巡るのですが、このブドウ糖の量が多い状態を高血糖、低い状態を低血糖と言います。人は高血糖だと満腹を感じ、低血糖だと空腹を感じます。

スイーツや炭水化物は、血糖値が急激に高くなりやすくインスリンの働きも活発になります。つまり、通常の食事ですでに倉庫がエネルギーがいっぱいであった場合は脂肪へ変換されます。

そしてインスリンがよく働いてくれたおかげで、血液中のブドウ糖はなくなり低血糖状態になります。これでさっき食べたばかりなのにもうお腹が空いているという負のスパイラルができ上がります。

スイーツ中毒・炭水化物中毒は、ブドウ糖にをなるものを過剰に食べているせいで、逆にすぐ空腹を感じる体になってしまっているんです。

慢性腹ペコ飢餓状態

慢性腹ペコ飢餓状態

肥満なのに飢餓状態?と不思議に思われる方も多いでしょう。これは今肥満じゃなくても、ちょっとでも食べたらすぐ太るというパターンの人に多い症状です。

無理な食事制限をし、一見ダイエットに成功しているように見えても、食事を元に戻すとすぐにリバウンドするため、体重を維持するためには無理な食事制限をし続けないといけないパターンです。

炭水化物ダイエットの罠なのですが、体や脳を動かすのに必要な炭水化物(ブドウ糖)を極度に制限すると、人の体は他の食事をしていても体がエネルギー不足と判断し赤信号を出します。

通常、ブドウ糖はまずエネルギーに変換され、余った分を脂肪として蓄えるのですが、体がこの赤信号状態にあるとブドウ糖はエネルギーをすっ飛ばしていきなり脂肪として蓄えられます。それではエネルギーはどこから取るのかといいますと、筋肉を削ってエネルギーにするのです。

筋肉を削るということは、カロリーを消費しなくなる体になるということ。これを基礎代謝が下がると言います。逆に子供の頃のように筋肉がしっかりついていると、何もしなくてもカロリーを消費する基礎代謝が高い体となります。

慢性腹ペコ飢餓状態とは、一見痩せては見えても筋肉が無いので体にメリハリが無く、過度な食事制限を続けないとスタイルキープができない危険な状態なんです。

昼夜逆転型

昼夜逆転型

人の体は本来、太陽の光で目が覚め活動期に入ります。逆に日が沈むと体は安静期に入ります。

活動期はエネルギーの消耗も激しい為、食事をしてもちゃんとエネルギーとして消費されます。逆に安静期は消費では無く消化吸収に回ってしまうんです。

それでは、昼夜逆転生活になるとどうなるのでしょうか?

昼夜逆転生活をしていると、体が安静期に入っている夜に3食の食事をすることになりますので、エネルギーとして消費されずに脂肪として蓄えられる割合が多くなってしまいます。

体内時計の狂いは、疲れが取れにくく、集中力の低下にも繋がりますので昼型の生活を心がけましょう。

便秘

便秘(デトックス障害)

便秘が太る原因と言っても、体内に残ってる便の重さが影響している!という話ではないですよ。

便秘になる原因は、自律神経の乱れ、ストレス、栄養の偏り、水分不足、油分不足、食物繊維不足など色々あります。

便秘だから太る。というより、「便秘になるような食生活を送るという事=太るような食生活になっていることが多い」という事なんですね。

もし便秘気味だと言う方は、まず数ある便秘の原因が何なのかを突き止める事から始めないといけません。

非常に長くなってしまうので全部は書ききれませんが、炭水化物制限ダイエットも便秘の原因のひとつなんです。

むくみ

むくみ(デトックス障害)

むくみは体脂肪率が高い肥満というよりも、皮膚の下に溜まった水分が原因で太って見えるタイプです。

原因はズバリ塩分の摂りすぎです。

塩分が高い食事や、おやつなどを食べていると体がその濃い塩分を中和しようと、水分を皮膚の下に溜め込んでしまいます。

そして、足や顔がパンパンに腫れるという現象が起きるんです。

食べ放題ダイエットを成功させるコツ・その3 食事や生活習慣の改善をパーソナルトレーナーに頼る

前の章で6つの肥満パターンの説明をしましたが、何も難しい病気が原因で肥満になるというわけではありません。日々の食事や生活習慣が積み重なった結果、今の体型ができています。

ですので、本来ならダイエットを成功させるには「生活習慣を改めてください」の一言で済んでしまいます。

もちろん口でならなんとでも言えます。何より生活習慣を改めると言うことはものすごく難しいことなのです。

人間は脳科学的に、
・習慣的な行動を変えづらい
・楽な方に流れる

というふうに出来ていますので、自分ひとりでダイエットを成功させるには人生の転機とも言えるような「強い動機と意志」が必要になってきます。

また、「強い動機と意志」があったとしても何が正しい食事なのか?何が正しい生活習慣なのか?解っていないと、ゴールがない遠泳をしているような辛さが伴います。

それではどうしたら良いのでしょうか?
ここは素直に一度プラットジムのパーソナルトレーナーのサポートを受けるのがおすすめです。

実際の食事や生活習慣改善のための具体的なアドバイスを貰いながら、トレーナー指導の運動をしながらダイエットが実現できます。

このトレーナーによる指導の期間に、あなた自身で食事のコントロール、生活習慣のコントロールをするためのノウハウを覚えてください。

イメージとしては、自動車教習所に近いです。
自分で車を買い自分で運転をするために、教習所へ通い免許を約20万円で取得します。
プラットジムも同じで、自分で食事・生活習慣のコントロール、運動方法を訓練し、後の人生を楽しく送るスキルを身につける場所という位置づけです。

食べ放題ダイエットを成功させるコツ・その3 食事や生活習慣の改善をパーソナルトレーナーに頼る

食べ放題ダイエットの本家、池井 佑丞氏監修のトレーナーたちによるトレーニングの指導

プラットジムのトレーナーは食べ放題ダイエットの生みの親、元格闘家で現在内科医である池井 佑丞氏監修で、食べ放題ダイエット理論を学んでいます。

プラットジムは決してゴリゴリの体型を目指し、過度な食事制限・トレーニングをするジムではありません。

現にトレーナーに、いわゆるトレーニング業界で賞を取っているようなトレーナーは在籍していません。
なぜならトレーニングをするばかりが目的ではないからです。

プラットジムの目的は「表参道・南青山のライフスタイルを楽しむ」ことです。

必要以上に筋肉をつけることよりも、姿勢だったり、体のメリハリを整えるほうが、よりファッショナブルにスマートになります。

そういう方面のサポートも出来るように、現役のモデルやファッションアドバイスが得意なトレーナーを揃えています。

ですので、ダイエットのためにトレーナーに追い込まれすぎて続かないという事態を避けられるのが、プラットジムのトレーナーの良いところなんです。

食べ放題ダイエットの本家、池井 佑丞氏監修の トレーナーたちによるトレーニングの指導

60分 3,000円の体験トレーニング実施中!

入力フォームに不具合がある場合や、その他質問等は、03-6450-5496 までお電話ください。